エンターテインメント・スポーツ・インターネット・ショッピング・ビジネス・経済・産業・社会などホットなニュースのご紹介!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフルエンザ治療薬タミフルに耐性をもつインフルエンザウイルスが,人から人に感染した可能性のあることが確認されたようです。

 インフルエンザ治療薬タミフルに対する耐性を獲得したインフルエンザウイルスが,人から人に感染した可能性のあることを,河岡義裕・東大医科学研究所教授と菅谷憲夫・けいゆう病院小児科部長らのグループが初めて確認,4日付の米医師会雑誌に発表した。

 研究グループは,2004年から05年のシーズンに日本で流行したインフルエンザB型に感染した患者のうち,タミフルを飲んだ子ども74人,タミフルを飲んでいない348人(うち大人66人)からウイルスを取り出し,タミフル耐性獲得の有無を遺伝子で調べた。

 その結果,計422人のうち1・7%にあたる7人のウイルスから,タミフルが効きにくい遺伝子変異が見つかった。そのうち6人はタミフルを服用していなかった。日常生活の中で家族や他人から感染したと推測された。新型インフルエンザになるA型でも,タミフル耐性ウイルスが見つかっているが,人から人への感染の可能性を強く示す研究成果は今回が初めてという。


子供へのタミフル投与が問題になっていますが,
こんどはタミフル耐性ウイルスですか。
結局,このタミフル耐性ウイルスが広がるとタミフルは
誰にも使用できないことになりますよね。
タミフル耐性ウイルスの感染が拡大する前に新しい治療薬を開発してもらいたいです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。