エンターテインメント・スポーツ・インターネット・ショッピング・ビジネス・経済・産業・社会などホットなニュースのご紹介!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
51年ぶり 飲酒運転による事故死も減少 2006年

警察庁は28日、2006年の交通事故死者数を公表した。

27日現在、前年より510人少ない6277人で、1955年以来51年ぶりに6000人台前半となる見込み。

交通事故死者数は高度成長期に年間1万人以上が死亡する事態が続き、1970年には1万6765人と過去最悪を記録した。

1988年からは再び1万人を超えたが、1996年からは1万人を割っていた。

その後、ほぼ一貫して減り続けている。

都道府県別では、愛知県が全国最悪の335人。

最少は鳥取県の39人だった。

また、飲酒運転の事故による死者数は11月末現在で、前年同期比57人減の578人となっている。

警察庁では、交通事故で24時間以内に死亡した場合を、交通事故死としている。


飲酒運転による死亡事故死も減っているということですが,
一連の取締りの成果でしょうか。
とにかく良い方向に向かっているようで安心しました。


(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。