エンターテインメント・スポーツ・インターネット・ショッピング・ビジネス・経済・産業・社会などホットなニュースのご紹介!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界水泳 男子400mメドレーリレー決勝が行われ,日本が銀メダルを獲得しました。

 【メルボルン(豪)=吉見光次】水泳の世界選手権最終日は1日,メルボルンで行われ,男子四百メートルメドレーリレー決勝で,日本(森田,北島,山本,細川)は3分35秒16の日本新で銀メダルを獲得した。

 12位までの国に与えられる北京五輪出場権も手に入れた。

 日本競泳陣の獲得メダルは金1,銀2,銅4の計7個。


すごかったですね。
北島康介選手でトップに立つのは予想していたのですが,
他の3人も頑張っていたと思います。
特に,アンカーの細川大輔選手,最後ホント頑張りました。
あと数メートルあれば1着だったのでは・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。