エンターテインメント・スポーツ・インターネット・ショッピング・ビジネス・経済・産業・社会などホットなニュースのご紹介!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年の携帯電話ベンダー別販売台数は1位シャープ,2位パナソニック,3位NECでした。

 ガートナー ジャパンのリサーチ部門は3月28日,日本における2006年通年の携帯電話端末対エンドユーザー販売台数が,対前年5.1%増の4726万台に達したと発表した。2003年の4871万台に次ぐ,史上第2位の規模という。 2006年は,10月24日に携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)が施行され,下半期を中心に携帯電話事業者と端末ベンダーによる新機種開発や販売競争が活発化した。

 ベンダー別販売台数では,シャープが第1~4四半期を通じて首位を維持し,初めて通年で第1位となった。同社は,2006年5月発売のワンセグ放送対応「AQUOSケータイ」をはじめとする機種によって,ソフトバンクモバイル端末市場における販売台数を拡大。高い占有率を維持している。また,ドコモ向け端末市場でも,高精細大画面液晶および充実した音楽再生機能によって顧客層を広げた。

 通年第2位はパナソニック。2006年を通じて対エンドユーザー販売台数においてNECと拮抗状態にあったが,わずかな差で同社が優位に立った。年間を通じてドコモ向け高位機種(FOMA900シリーズ)の販売が高水準で推移したことが,成功の要因と考えられる。

 第3位のNECは,ドコモ向けでこれまでやや低調であった中位機種(FOMA700シリーズ)の販売が拡大しつつあり,同社の携帯電話端末販売に復調の兆しが見られる。


やはりシャープですよね。
私も携帯はシャープと決めています。
もう何世代もシャープ使っていますよ。
でも,今のはAQUOS携帯ではないんですよね。
近いうち機種変したいなぁ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。