エンターテインメント・スポーツ・インターネット・ショッピング・ビジネス・経済・産業・社会などホットなニュースのご紹介!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦が19日,東京・後楽園ホールであり,同級3位の坂田健史(27)=協栄=が,前日の計量で体重超過のため王座をはく奪された前王者,ロレンソ・パーラ(28)=ベネズエラ=を3回14秒TKOで降し,新王者になった。
坂田は過去2度敗れたパーラに雪辱し,通算4度目の挑戦でフライ級国内10人目の世界王者になった。初防衛戦は,昨年12月に判定負けした同級暫定王者,ロベルト・バスケス(パナマ)との王座統一戦が有力。国内の現役世界王者は6人に増えた。


またまた日本人王者誕生です!
相手のロレンソ・パーラはかなりの実力者ですが,ミスを犯しましたね。
体重超過ですから,ロレンソ・パーラは今後上のクラスに上るのではないでしょうか。
とにかく坂田健史選手にはタイトルを長く防衛してもらいたいです!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。