エンターテインメント・スポーツ・インターネット・ショッピング・ビジネス・経済・産業・社会などホットなニュースのご紹介!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの,他の市場ではまだまだ普及途中の段階で,携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上っている。今後端末の性能向上とコンテンツの増加に比例し,利用者数は加速度的に増加すると期待されている。 そんな中,これまでの携帯電話コンテンツビジネスとは180度概念の異なる新サービスが開始された。それがHutchison(3)のX-Seriesだ。
■インターネット上のコンテンツを利用できる「X-Series」 香港に拠点を置くHutchisonは,ヨーロッパ及びアジアを中心に各国で携帯電話事業を展開している。このうちW-CDMA/HSDAサービスは「3」(スリー)のブランド名でサービスを提供している。3は3Gの意味であり,すなわち3の加入者はすべてが3Gを利用していることも意味しているわけだ。 3も他の携帯電話会社同様に各種コンテンツサービスを提供しており,3Gの高速回線を生かしたビデオや音楽コンテンツなどマルチメディア系のコンテンツに力を入れている。しかし2006年末に英国の3(3UK)で開始され、その後香港(3HK)など各国の3でサービスインされたX-Seriesは既存の「携帯コンテンツ」とは発想が全く異なったサービスだ。 X-Seriesは「携帯電話専用」のコンテンツサービスではない。まず,3はX-Series用にコンテンツは一切提供していない。X-Seriesの加入者が利用できるのはインターネット上に無限にあるコンテンツ,すなわちWEB,Blog、動画や静止画などで,これらはPCからWEBブラウザで利用しているものと全く同じものだ。インターネット上のコンテンツを携帯電話向けに加工して配信するのではなく,携帯電話からインターネット上のコンテンツを利用するためのアプリケーション(=例えばフルブラウザなど)を提供するサービスであるわけだ。


これからは間違いなくモバイルですね。
日本はまだ海外ほどではないですがずいぶん普及してきました。
個人的にはパッケット料金まだ高いと思うのですが,如何でしょう。
Skypeにも注目しています。
私はまだSkypeを導入していないのですが近々試してみるつもりです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。