エンターテインメント・スポーツ・インターネット・ショッピング・ビジネス・経済・産業・社会などホットなニュースのご紹介!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲーム雑誌大手のエンターブレインが2008年上半期のゲーム機売り上げランキングを発表しました。
それによりますと,ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション・ポータブル(PSP)」が196万4461台で1位。 任天堂の「Wii」が172万263台で2位。 任天堂のニンテンドーDSライトが159万3844台で3位という内容でした。 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の売り上げが1位になった要因として, PSP用アクションゲーム「モンスターハンター(モンハン)ポータブル 2nd G」が230万本を売り上げる大ヒットとなったことが影響しているようです。 今後,任天堂の「Wii」の巻き返しが楽しみです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。